私たち「再生の大地」合唱団は、撫順戦犯管理所で花開いた魂の出会いを、合唱という芸術形態を持った「人間賛歌」として後世に伝え残していくために結成されました。

合唱団ブログ

練習での出来事や毎日のちょっとした発見などをつづっております。

MORE

2013.12.9 北トピアで演奏会を開催

我が合唱団として初の独自演奏会が実現しました。

1209concert-stage
最終曲「撫順の朝顔」はお客様もご一緒に全員で歌いました(飛鳥ホールにて)

 当日は師走の月曜の夜という条件にもかかわらず、二百数十名のご参加を得て、飛鳥ホール一杯のお客様がたに歌声を聞いていただくことができました。団員一同、厚く御礼申し上げます。チケット売り上げの中から諸経費を除き、10万円を超える支援金を被災者にお渡しできる見込みです。またこれとは別に、当日のカンパ箱にも6万円を超える募金が寄せられました。これらの義援金は、直接現地で被災者の方々に手渡す計画です。あらためてこのホームページでご報告させていただきます。


 今回のコンサートは、<撫順水害支援チャリティー>と銘打ち、2013年8月に大規模な水害に遭った撫順市、特にその中の(中国では市の中に県があります)清原県の被災者を救援すること、および2013年9月に本合唱団が撫順市を訪問し、演奏と市民交流を行った成果をご報告する目的で開催いたしました。


コンサートの事前ご案内チラシはこちらから

コンサート当日のパンフレットはこちらをご覧ください

会場に掲示した手作りポスター(戦犯管理所や中帰連の紹介)


1209concert-opening

開会にあたって、吉岡眞人実行委員長よりご挨拶

  今回の演奏会は、在日本中国大使館友好交流部のご後援もいただきました。その関係で、中国大使夫人・汪婉さんも出席され、メッセージを述べられました。メッセージは、日本の一部政治家は歴史を鑑とせず、しばしば中日関係を困難にさせてきたが、このような民間交流の発展を強く望むというものです。来賓には他に、囲碁九段の武宮正樹氏なども見えられました。また北京電影学院の記録映画チームが、9月の訪中公演から一連の取材と撮影を続けています。

 汪婉さんは演奏後の感想で、「次回はさらに大きな会場で演奏してください、中国のマスコミにも沢山きてもらいましょう」とお話しされていました。

 演奏に先立って、合唱団の姫田光義団長は、9月15日の撫順戦犯管理所と16日の平頂山事件殉難81周年式典での合唱交流が、「歌で歴史を銘記する」として中国国内でも大きく報道されたことを中国のテレビ映像も使って紹介、また井上久士駿河台大学教授は曲中でも歌われる「平頂山事件」について解説しました。合唱団員でもある趙詩蔓さんは故郷への救援募金を通じ、中日の友好を一層深めたいと訴えました。今回、演奏の間合いには「ブラボー」の声もかかり、終曲後は大きな拍手に包まれました。フィナーレの「一緒に歌いましょう」では、汪婉さんも団員と並んで歌に加わりました。大使夫人にまで歌のマイクを持たせてしまうとは、なんともすごい合唱団ですね。

1209finale左端はフィナーレで指揮する姫田団長、中国大使夫人・汪婉さんも合唱団と並んで歌ってくれました。

 演奏会終了後、アンケート等でたくさんのメッセージをいただきました。応援に深く感謝申し上げます。いくつかをご紹介いたします。

● 日中友好の大切さがわかりました。

● 平頂山事件 戦犯管理所について姫田先生のお話でよくわかりました。

● 大使夫人のお話にせよ 姫田先生の話にせよ 胸に迫り 職場 (学校です)で力一杯

  がんばろうと決意しました。

● 姫田先生のお話し とてもまとまっていてよくわかりました。

● 姫田先生 井上先生のお話とても勉強になりました。楽しく聞かせて頂きました。

● 戦後生まれで初めて くわしく話を聞いて中国の方の見方が変わりました。ありがとう

  ございました。

● ビジュアルな用意があって助かりました。

● 姫田さんの話しに感激しました。過去を見つめて 未来を切り拓いていかなければ。。

● 実際にあったお話をなかなか聞く機会はありません。戦争の悲しさがよくわかった。

● いろいろ知ることが大事だと思います。

● 撫順の奇蹟の話を聞いて 勉強になりました。中国のやさしさに触れられた話でした。

  無知の自分が 勉強を通して理解が深まりました。

● 撫順 1932年から中国と日本の間に大変な事件が起きていた。初めて知りました。

  南京虐殺 上海陥落 歴史上聞いた事がありましたが・・・今日 撫順の事件を見て当時

  と似た政治台頭を考えると何も答えられません。今はこの撫順を訪問し 追悼しなけれ

  ばなりません。撫順水害に少しでも・・・

● 聞くまでの期待度100% 聞いた後の満足度120%

  旋律がきれい 気持ちよく歌える平和な歌と感じた。チャンスがあれば歌ってみたい。

  パートCDがあればよろしく。

● 皆様の日頃の努力が伺われてとてもよかったです。

● 組曲が素晴らしく 仕事がなければ 仲間に入りたい程です。合唱部のミュージカル

  を思い出しました。疲れているけれど今日は来てよかったです。

● 東京の合発の時よりずっと良かったです、組曲はやっぱり組曲で聴くものですね。

  そして言葉がとてもよく伝わりました。皆さんお思いがヒシヒシと伝わってきました。

  BASSの元日本兵役のお二人の語り とてもよかったです。

● 何度聞いても詩も曲もすばらしい!

  皆さんの頑張りで良い集会が持たれました。則実行力に感動してます。

● 長さを感じさせず ああそうだ、ああそうだと 本当に感じ入りながら聴きました。

  音楽の力 ここにあり と思いました。

● とても感動的でした。ナレーションを含めて伝えることが心にしみてきました。これから

  も歌い続けて行ってください。文化の力が平和の力になります。

● とても良かったです。また来たいです。

● 素晴らしい合唱をありがとうございました。私は看護師なので『目覚めへ』は 痛みが深く

  伝わりました。詩にただただ感激。

● 一人一人の団員の強い意志が伝わってきました。若々しい混声合唱曲です!

  是非あちこちで歌ってください! 今だからこそ!!

  ミュージカルを聞いたみたいに素晴らしい合唱でした。

● 素晴らしいの一言です。

● 毎日の忙しい中 仕事のみの繰り返しですが 久しぶりに音楽(歌)を聞いてあらためて

  歌って人に勇気を与えるものだと思いました。

● 昨日のコンサートとても素晴らしかったです。皆さんの心が一つになって合唱のハーモニー

  が美しかったです。言葉一つ一つのかたりがけて 表現して歌いきって歌っていましたので

  詩の素晴らしさが聞き手の心にしみてきて 場面が想像されながら心に響いてきました。

  セリフも皆さんとても上手に表現されていました。相当練習されたことと思いますが、歌う

  時の詩へのアクセントと音程が大切なこと安藤先生のご指導の成果だろうと皆さんの努力も

  と痛感しながら聞きました。皆心打たれて共感、理解しながら聞きました。こんな時勢、

  歌い手と聞き手、心に据えて見つめるひと時でした。ありがとうございました。


戻る       ホームへ

© 2013 再生の大地合唱団. All rights reserved.