私たち「再生の大地」合唱団は、撫順戦犯管理所で花開いた魂の出会いを、合唱という芸術形態を持った「人間賛歌」として後世に伝え残していくために結成されました。

合唱団ブログ

練習での出来事や毎日のちょっとした発見などをつづっております。

MORE

合唱団のこと

わたしたちのプロフィールをご紹介します。


プロフィール写真

    撫順の奇蹟を受け継ごう

    「再生の大地」合唱団 
     -「撫順から未来を考える」歌を-

     姫田光義団長




 「撫順の奇蹟」を人間讃歌として歌い継ぐ―日中友好に献身した元戦犯たちの物語

                                        -「撫順の奇蹟」とは

  

「撫順の奇蹟」ということですが、これは宗教でもオカルトでもありません。この言葉自体は、日本人戦犯たちといっしょに撫順戦犯管理所に拘留されていた溥儀=中国2千年の歴代王朝の最後の清朝皇帝、かつ日本の傀儡政権・満州国の皇帝が、その戦犯管理所での出来事を「人類文明史上の奇蹟」と讃えたことから来ています。それは一体何だったのでしょうか。

そもそも「奇蹟」とは「常識では考えられない神秘的な出来事」(『広辞苑』)です。ではここでの「常識」とはどのようなことでしょうか。その「常識」と「奇蹟」とはどのような関係にあったのでしょうか。

中国側の立場に立てば、日本の侵略者によって肉親や愛する人を殺されたり犯されたり強制連行されたり(拉致といってもいいでしょう)、財産を破壊され奪われたりしたことに対して、怒りや憎しみや恨みをもって復讐することでしょう。実際、世界の戦犯裁判では千人もの人たちが処刑されており、中国でも国民政府(蒋介石政権)では百人以上の日本人とその協力者が処刑されています。

「怨みに報いるに徳を以ってせよ」という蒋介石の言葉が日本では流布していますが、それはもちろん、中国共産党側は戦犯として追及しているのに、蒋介石によって戦犯追及を免れた岡村寧次大将(敗戦時の支那派遣軍総司令官)らの感謝の気持ちが現れているのです。では逆に、新中国成立後にすべての戦犯(つまりはほとんどが岡村の部下だ)が解放され無事帰国したとき、岡村らは感謝の気持ちを披瀝したでしょうか。まったくありません。それどころか新中国に敵対する運動をしきりに策動していたのです。最高司令官であった岡村らは当然戦犯として裁かれる覚悟をしていたでしょう。撫順の管理所に収容された日本人たちも、当然極刑に処されると信じていました。

このような「常識」を完全に覆し、中華人民共和国では周恩来総理を先頭に「戦犯といえども人間だ、必ず変わるし変えることができる」との信念をもって、感情を抑えて日本人(人民)を許し戦犯に対して寛大に優しく粘り強く対応し、ついに彼ら自身が侵略者としての罪を自覚し、主体的に「鬼から人間へ」と変身するように導いていったのです。これが第一の「奇蹟」です。こうして日本人は一人の処刑者も出さず、病死した人以外は全員、無事に帰国したのでした。

日本人側から見ると、骨の髄まで天皇制軍国主義教育を受け、他国他民族を蔑視し平気で殺したり犯したり奪ったりするような「鬼」になってしまっていたことが、戦争中の「常識」でした。しかし戦犯たちはこの常識を覆し、侵略者としての自らの行為を反省して「認罪」し、本心から「謝罪」して「人間」にもどり、さらに帰国後は困難な生活のなかで「贖罪」のための行動に立ち上がったのでした。これが第二の「奇蹟」です。

この日中両国のどちらから見ても、一見不可能とも思える「常識」を覆して実現した「奇蹟」は、国境と民族を超えた人と人との交流のなかで生まれた人間の素晴らしさを物語っています。私たちは、この物語を日中両国が永遠に仲良く平和に生きていく上での一つのお手本として、語り継ぎ、また歌い続けることが、とても大切なことだと考えます。

  

(一) 元戦犯たちとの出会い―「人は変わることができる」ことを知った驚き

  

私は「暫定団長(正式に団が結成されたときに皆で選ぶまで)」ですが(註:2012年3月当時)、一介の中国現代史研究者にすぎません。その研究の一部として「三光作戦」の現地調査を含む日本の侵略戦争の本質とそこでの加害の実態を調査研究してきましたが、その過程で被害者である中国人たちの怒り、恨み、憎しみ等々の激しい感情をも実体験せざるをえなかったのです。

どなたもご存知のように日本の侵略と加害の責任を追及する声は、いまだに中国だけではなくアジア各地で根強く残されています。そして日本では、それを理解して同情し支援しようとする声と運動が存在する反面、逆にそれを否定し反発し対抗しようとする声と動きも根強いです。いやむしろこの逆方向の傾向のほうが、歴史教育、マスメデイア、論壇や一部の政治家たちの主張と煽動によって広がり強まっているとさえ言えるでしょう。これは日本という国が、近隣諸国と仲良く共生していかないと将来の平和と繁栄が望めないと言う、誰でも分かりきっている厳然たる事実に真っ向から反するものです。私は子々孫々の未来を思って憂いにたえません。

ではどう考えれば、またどうすれば、こういう事態を無くし未来の平和と安寧を確立していけるのでしょうか。そんな風に思い悩んでいる時に、戦後5年間もシベリアで過酷な暮らしを強いられ、その上さらに6年間も中国の撫順戦犯管理所に収容されながら、無事に帰国された元戦犯たちの次のような言葉を聞いたのでした。

「戦犯管理所は人間らしさを取り戻す学校だった」「そこで自分は鬼から人間へ変わった」。

この人たちは、その「変わった」ことを事実として証明するために、帰国後「中国帰還者連絡会」を結成し(撫順だけでなく太原の戦犯たちも加わって)、侵略戦争とそこでの加害の実態を訴えることによって、戦争に反対し平和と日中友好の運動に邁進したのでした。その真摯な姿勢と精力的な証言活動は、まさに「人は変わることができる」ことを感動的に実証したのです。

  

(二)「撫順の奇蹟」はどのようにして生まれ、「許しの花」はどのようにして咲いたのか

  

良くも悪しくも「人が変わる」にはその道筋というものがありましょう。一般的に考えれば、人がどのように成長していくかということになりましょう。人は生まれ育ち、教育されて知識を蓄積し認識を高め、自分なりの精神を形成していく。戦前でも今日でもこの過程そのものは変わらないはずですが、そこにおいて「人間が人間らしく」成長するのか、そうではない方向に進んでしまうのかは、何らかの決定的な契機とか環境が存在するでしょう。もし「人間らしく変わった」という言葉が真実を語っているとすれば、その裏には逆の「人間らしくなくなっていった」「人間から鬼に変わっていった」過程が存在するはずです。実はこの逆の過程の方が、歴史を多少とも知る者には容易に理解できることなのです。

戦前では先ず、日本は現人神(あらひとがみ)である天皇を(いただ)く世界に燦然と輝く神国であることを徹底的に教育されていました。そんな神の国なのだから、他国他民族は日本より劣った軽蔑されるべき存在でした(子供のころ愛読した田川水泡の漫画『のらくろ』では中国人はブタ、朝鮮人はサルとして描かれ、日本人は勇敢・忠実なイヌだった。イヌのほうが偉いなんて言えるのかどうか!?ロシアを恐ろしいクマとして描く漫画、ポスターなども出回っていた)。優秀な民族が劣等民族を教え導くことはもちろん、強制力をもって服従させるのも当然だと意識されていました。これが人間(他国他民族の人々)を人間とも思わず、彼らの人格と尊厳を無視し、虐殺、強奪強姦、強制連行などの非人間的行為を正当視する心理と精神、すなわち「鬼」的日本人を子供のころから養成していったわけです。また神の国だから負けるわけがないという不敗神話が、こうした傲慢な人種差別・民族差別意識と思想・精神が侵略、植民地化を正当化し、それによって苦しめられる被害者がどれだけ沢山居るかという加害者意識を完全に失わせてしまったのです。

これが戦前のいわゆる「天皇制軍国少年少女」として褒め称えられる人間を作りあげたわけですが、そのような人間が、そして人格が、普通の人間にもどることがどれほど大変なことか、今の私たちからは想像を絶することでしょう。したがってこのように「鬼から人間に変わった」事実を、私は第一の「奇蹟」だと考えます。

しかしこのような「変身(中国語では心から変わることを「翻身(ファンシェン)」といいますが、日本語では馴染まない言葉なので使いにくいです)」を実現した、あるいは実現させた契機、環境というものがありました。それは冒頭で述べた被害者としての中国人の信念に基づく粘り強い厚情に満ちた真剣な働きかけ、教化であったわけです。これを私は第二の「奇蹟」だと考えます。   

もちろん、第一第二というのは決して優先順位を言っているわけではありません。極端な言い方をすれば、この戦犯たち全員が管理所に収容された当初、最も恐れ絶望していたような、戦犯処刑といったことが行われていたとしたら、そこで事態は「完了(ワンラ)(おしまい!)」だったわけですから、中国人の怒り、憎しみ、恨みを超えた努力こそが、第一の奇蹟だったかもしれません。他方、働きかけられている日本人の側が、いつまでも軍国主義に凝り固まって自らを変えようとしなかったなら、やはり奇蹟は起こらなかったのですから、日中双方の「情と理」の交流交換と理解のし合いのトータルな結果こそが、奇蹟を生み出したと私は考えています。私たちの歌の言葉で言えば、「許しの花」が咲きほこったのです。

  

(三)帰国後の元戦犯たちの働き―「日中交流功労賞」なんてものがあったなら

  

 中国側の厚情と扱いについて、そしてそれによって感動し自らを「変身」させようと努力した日本人の涙ぐましい努力については、彼ら自身のたくさんの証言がありますので、ここでは書きません。ここで最後に言いたいのは、この人たちが全員無事に帰国されてからの実に真剣で献身的な、加害責任を基盤とした反戦平和と日中友好のための活動であります。それは「言うは易く行うは難い」刻苦奮闘の軌跡でありました。私はこの人たちのこのような活動自体を「第三の奇蹟」とも言うべきものだと考えています。

彼らは1956-64年にかけて帰国したのですが、当時は日中関係は正常化しておらず、それどころか冷戦体制の下、反共反ソ反中国の大合唱の最中だったのです。「赤い中国」(当時は中華人民共和国を認めず、中国といわずに「Communist China=中共」が公式の呼び名でした)に「洗脳」されて帰されてきたアカの手先だからというので、常に警戒され監視されるような状況でした。そうした政治状況の下で侵略戦争とそこでの加害の責任を認めず、反省せず、謝罪も贖罪もしないということが当たり前だという気持ち、精神が日本人の間に定着してしまったのです。それがいまだに、いやますます強まっていることは誰もが知っていることです。

そのような時期に侵略戦争と加害の事実を語り、二度と戦争してはならない、日中友好がとても大切だと主張し、語り部として全国を証言して歩くことが、どれほど大変だったか。私のように学生のころから、中華人民共和国を正統な中国政権として認め日中国交正常化を実現せよと主張してきた者にとっても、この元戦犯たちの精神、信念と努力は想像を絶するものがあります。当然、そんな主張を認めない「中国封じ込め政策」を実行していた政府やそれに追随する世論を背景にした妨害、迫害や脅迫が元戦犯たちの職場にも家庭にも旅先にも襲いかかっていたのです。

この人たちの努力を想起すると涙ぐまざるをえません。日中国交正常化が実現するまでの、そしてそれからもずっと証言活動を続けてこられた彼らに、私は(もしそういうものが作られるとすれば)「日中友好交流功労賞」を授与したいです。でも第一級の戦犯を総理大臣にしたり、侵略と加害を否定しいまだに中国を敵視するような政治家を次々に生み出すような政治と社会ではムリでしょうかね。

ですので、私たちは微力ではありますが私たちなりの仕方で、「撫順の奇蹟」を、つまりは今や残り少なくなってしまった彼らの心を、信念を、活動を、少しでも理解する者たちが集って、何らかの形で継承したいと思うのです。「撫順・再生の大地」合唱団は歌という芸術活動を通して、これを実現しようとするものです。それが私たちの心からの願い、すなわち二度と残酷な「鬼」になって戦争するような人間を造らない、二度とお隣の国や民族と殺し合いをするような国にしないという願いを果し、これを子々孫々の平和と安寧のために伝える現在の私たちの決意の表明だと信じながら、歌います。


前に戻る

撫順の奇蹟を受け継ぐ会代表 中央大学名誉教授 再生の大地合唱団団長 姫田光義



プロフィール写真


    作詞家 大門高子

    再生の大地合唱団の紹介







2011年9月から月に一曲づつ作曲され、できたての楽譜が持ちこまれて月一回の練習から始まりました。不安で始まった合唱練習も、楽しい雰囲気に団員は少しづつ増えてきました。合唱団員は、主婦や元会社員や元教師など約70名の方が練習に参加してきています。
だんだんレッスンの回数も増え演奏のお声かけもあり大変になってきましたが、合宿やレッスンが終わった後の反省会(呑み会)を楽しみに来ている人もいます。とにかく楽しい合唱団です。いつでも大歓迎です。お待ちしています。




プロフィール写真












作曲家 安藤由布樹 1961年 東京都出身。
東京芸術大学作曲科卒業。 奏楽堂日本歌曲コンクール 作曲部門第1位受賞。
1999年および2005年に作曲家二人展出品 (ライブCD「作曲家二人展に収録」)。
2012年 国際芸術連盟作曲賞受賞
2015年 リトアニア政府より文化功労章を授与

© 2013 再生の大地合唱団. All rights reserved.